2017/10/13

【ヒロイン探354】スライムさん

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その354〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
Slime-san

[プレイできる環境]
PC(Steam)、ニンテンドースイッチ(NS)

[どういう感じ?]
2D、アクション、ミートボーイ系
プレイアブルキャラがユニセックス



未プレイです。

スライムさんは女の子にだってなれる

とある森の中でおきた事件。主人公のスライムさんは大きなミミズに食べられてしまいました!シンプルなピクセルとビビットな色使いが、ミートボーイ系の濃厚アクションを描く。コメディ、シュール、底知れないふわっとした空気が素敵。

主人公の名は〈スライムさん〉緑色の粘着質。体はスライムなのに、マンガちっくなきらきらお目々で、倒錯的なデザイン。

たぶん性別はない。そのかわりゲーム内でアクセサリを付け替えることができる。リボンでおめかしとか。こうなると、女の子なのかもしれないと思えてくる。実際、そういう妄想をしてもいいと思う。

また、スライムさん以外のプレイアブルキャラをアンロックできる。その中には娘さん(妹?)とお母さんが含まれている。彼女たちをつかうのも、ヒロインを動かすことになるか。

まあそんな感じで、スライムさん。かわいい。



今のところSteam版とNS版が配信中。
公式に日本語対応しているのはNS版のみ。

バイバイ!

2017/10/12

【ヒロイン探353】ニーズヘグ2

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その353〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
Nidhogg 2

[プレイできる環境]
PC(Steam)、PS4

[どういう感じ?]
2D、対戦アクション
キャラクリエイトで女性型をつくることができる



未プレイです。

シンプソンズ味ある女の子も

泥臭いファンタジー的な世界。剣、弓、そして拳で飽くなき戦いを繰り返せ。神ニーズヘグへの供物という名誉を勝ち取れ。独特のふんわりピクセルグラフィック、ひょうひょうとしたキャラデザが、血みどろの戦いを描き出す。

キャラクリエイトは頭、胴体、足などをパーツからえらんで組み立てる。性別をえらぶ項目はない。けれど髪型や胸のある胴体パーツをあわせることで女性キャラを作ることができる。

キャラデザはぬいぐるみというか、シンプソンズみたいな感じ。亜人系。どこがかわいいんだ。いやいや、このまぬけな雰囲気がツボにはまる。

ゲームの構造上、同キャラで延々と戦い続けることはない。超早いサイクルで戦ってやられて新しいキャラでリスポンしてまた戦って……を繰り返す。クローンを動かしているのか、それとも傷の回復がすさまじく早いのか、各自の想像による。

こういうチンチクリンなキャラもいいもんです。



今のところSteam版とPS4版が配信中。
PS4版のみ公式で日本語に対応している。

バイバイ!

2017/10/07

【ヒロイン探352】ハットインタイム

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その352〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
A Hat in Time

[プレイできる環境]
PC(Steam)

[どういう感じ?]
ジャンプアクション、アドベンチャー
主人公がヒロイン



未プレイです。

シルクハットのミニミニ女の子

ファンタジーとSFのしっちゃかめっちゃか世界観。そのデタラメさがまさしくゲーム的でほほえましい。グラフィックはお世辞にも高品質とは言えないが、その薄味さがゲーム全体のかわいさを引き立てている。キュートで鮮やか。

ヒロインの名は〈ハットキッド〉紺のシルクハットにかっちりブレザー、黄色いマントをひらめかせる。大人びた服装が、逆に3頭身の幼さとかわいらしさを強調する。インディーズ的な垢抜けなさが感じられない、絶妙デザイン。

ゲーム内容はバンジョーとカズーイマリオを思い出させる。軽やかで好き勝手できるジャンプアクション。この手の3Dジャンプアクション、主人公がヒロインだったゲームは稀だ。だからこのハットインタイムは、うまくスキマを突いてきた。

とにかくハットキッドのデザインが秀逸。そんなハットキッドをマリオ顔負けにとんだりはねたり動かし回せる。超贅沢なゲームだ。



今のところSteam版が配信されている。
海外ではPS4版、XBOXone版が配信予定。日本語版がくるのかは不明。

バイバイ!

2017/10/05

【ヒロイン探351】バトルマニア大吟醸

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その351〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
バトルマニア大吟醸

[プレイできる環境]
メガドライブ

[どういう感じ?]
2D、横スクロールSTG
主人公がヒロイン



未プレイです。

能天気ヒロイン

現代の日本が舞台。ときには住宅地の上で、ときには高速道路で、謎の暗殺集団と戦え撃ちあえ!日常の風景に非日常のマシン、アクション、そしてヒロインが不思議な雰囲気。ギャグ満載のノリが不思議さをさらに後押し。

ヒロインの名は〈大鳥居マニア〉黄色いシャツに青いホットパンツ。さらに手足に防具を取り付けて、ジェットパックと巨大な機関銃を装備して、ラフなのに物々しい。こういう方向性の武装は古さを感じさせるけど、それも味。

パートナーのヒロインもおり、ゲーム中ではふたりを同時に操ることになる。

横スクSTGで自機が人間だと、棒立ちだったりふんわり浮いていたり、立ち姿がヘンテコになりがち。このバトルマニアの自機は腰だめの姿で、力がこもっていて様になっている。やっぱり立ち姿がカッコいいと気分が上がる。

ゲーム自体はギャグ強め。ヒロインのマニアも、会話では能天気でおちゃらけた様子をみせる。そのくらいサバサバしていたほうが戦う女っぽくてすき。というわけでこのマニアがゲームの見所ではないかしら。



今のところメガドライブ版のみ存在する。

前作に〈バトルマニア〉がある。ゲームの基本はおなじ。
こちらもメガドライブ版のみとなっている。

バイバイ!

2017/10/04

【ヒロイン探350】ツインクルテール

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その350〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
ツインクルテール

[プレイできる環境]
メガドライブ

[どういう感じ?]
2D、縦スクロールSTG
主人公がヒロイン



未プレイです。

やっぱり魔女っ子がすき

剣と魔法のファンタジー。怪物や悪魔を魔法で蹴散らしていけ!メガドライブらしい硬質ドットとギラギラサウンドが、ゲーム世界を渋く描き出す。

ヒロインの名は〈サリア〉金髪の長いおさげ、すみれ色のとんがり帽子にローブ、大きな樫の杖。魔女っ子要素を余すことなくそろえている姿は、ほっとする。

イメージイラストでは幼めの女の子。
ゲーム中のグラフィックはSD化されてちんまりかわいい。

ファンタジーのSTGは意外と多く、中でも魔女っ子ヒロインのSTGはよく見かける。その中でもツインクルテールは王道ファンタジー感が強い。3つの魔法(ショット)を使い分けていく感じもなりきり感に一役買う。

やっぱり魔女っ子はよい。


今のところメガドライブ版が存在する。
バーチャルコンソールなどへの移植はない。

バイバイ!

2017/10/03

【ヒロイン探349】ファイティンレイジ

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その349〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
Fight'N Rage

[プレイできる環境]
PC(Steam)

[どういう感じ?]
2D、ピクセル、ベルトスクロールアクション
プレイアブルキャラ3人、うち1人がヒロイン



未プレイです。

いつかどこかで見たような格闘娘

近未来、ミュータントに支配された地球が舞台。こんな世知辛くなった世界を渡り歩くには、拳だ!濃厚ピクセルグラフィックにメリハリの効いたアニメーション。低頭身がちょっとかわいい、しかしすべてが煮えたぎるような雰囲気に満ちた格闘アクション。

ヒロインの名は〈ギャル〉赤いスポーツブラに前垂れつきパンツの、ちょっとチャイナな格闘娘。春麗と不知火舞を足して2で割ったような、馴染み深い雰囲気。キャラデザもマンガ的で、癖がない。

コスチュームがいくつかある。コスチュームというより別カラーだが、リボンがついたり、パンツからストッキングになったり、小さな変化がたのしめる。

ちなみに、アンロックすれば敵キャラを使えるようになる。敵キャラにも女性がいて、それがまたツボを突くキャラデザをしている。不良警官って感じでね。

いつかどこかで見たような格闘娘。そのほかにもどこかで見たような感じのキャラがちらほら。けどそれがかえって安心感を呼ぶ。そんなゲーム。



今のところSteam版のみ配信中。

バイバイ!

2017/09/20

【ヒロイン探348】アラビアンマジック

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その348〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
アラビアンマジック

[プレイできる環境]
アーケード、PS2

[どういう感じ?]
ピクセル、2Dベルトスクロールアクション
プレイアブルキャラ4人、うち1人がヒロイン



未プレイです。

アラビアンの舞踏派娘

典型的なアラビアン世界。アラビアの豪奢で、しかし妖しく薄暗い魅力が、濃厚ドットにより描き出される。いっぽう舞台を転々と転がりまわる様と、軽快な音楽は、やはりアーケードゲームらしい派手とケレンミが感じられる。

ヒロインの名は〈リサ〉ベリーダンス的な衣装を身にまとった女性。キャラデザはリアル寄り。身にまとった布を踊るように振り回したり、魔法みたいなものを飛ばして攻撃する。さながら舞踏派。

おなじアラビアンなアーケードに〈アラビアンファイト〉があり、ややこしい。ファイトがアニメ風キャラデザ、柔軟アニメーション。対してこのマジックはあくまでゲーム然とした雰囲気、濃厚ドットと最低限のアニメーション。

ヒロイン的な違いでいうと、アラビアンファイトのヒロインは露出度が高く、ほぼビキニ。このアラビアンマジックのヒロインのリサは、ゆったりしたアラブパンツを履いており、やや現実的なおもむき。

どちらかというとリサがすき。



今のところアーケード版が存在する。アーケード版の移植されたPS2版がある。
現行機には移植されていない。

バイバイ!