2017/07/20

【ヒロイン探319】妖精物語ロッドランド

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その319〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
妖精物語ロッドランド

[プレイできる環境]
アーケードなど

[どういう感じ?]
ピクセルアート、パズルアクション
プレイアブルキャラ2人、うち1人がヒロイン



未プレイです。

魔法の杖でしばきたい

剣と魔法のファンタジー。そのうえで童話的な雰囲気、展開、デザインが目立つ。ふわふわしているけれど、グラフィックはきちんと描きこまれて見ごたえあり。

ヒロインの名はリット。ピンク髪、ピンクローブの女の子。キャラデザは2頭身くらい、しかも絵本のキャラのような感じ。こんな子どもっぽいキャラ使ってられるか!!あるいは……子どもっぽいからよい。

杖をふるったり、杖で敵を捕まえて地面に叩きつけたり。そのドタバタ感がまたかわいらしい。待機モーションでウィンクしてくれたりもする。

ゲーム内容はファンシーなロードランナーといった感じ。ロードランナーは主人公が名もない男性だけれども、こっちは絵本から飛び出てきたようなリット。女の子版ロードランナーという捉え方もできるわけだ。

魔法の杖で敵をビシバシしばき倒す女の子。よい。



元はアーケード版。移植にFC版、GB版がある。
アーケード版の完全移植は今のところない。

バイバイ!

2017/07/19

【ヒロイン探318】Forward to the Sky

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その318〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
Forward to the Sky

[プレイできる環境]
PC

[どういう感じ?]
パズルアクション
主人公がヒロイン



未プレイです。

SD姫騎士

剣と魔法のファンタジー。舞台は大空に浮かぶ謎の巨大遺跡で、バックの青空と廃墟の青々とした感じが、とにかくさわやか。かわいらしいグラフィック、軽めのノリとあわさって、すっきりしたゲーム。

ヒロインはありがちなドレス型鎧を身に着けたポニーテールのお姫様。3~4頭身くらいで描かれており愛らしい。ゲーム内では凝ったアクションはできないけれど、走って飛んで切り裂いて、最低限のことはできる。

成長やビルド要素はなし。

パズルアクションとして必要最低限におさまっている感じ。さわやかな舞台に、ちっちゃな姫騎士。これも月並みではあるけど、毒というわけでもなく。この普通さがまたよい。



PC版がSteam、Playismなどで配信されている。
公式に日本語対応している。

バイバイ!

2017/07/17

【ヒロイン探317】エヴァオアシス

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その317〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼

[プレイできる環境]
3DS

[どういう感じ?]
アクション要素のあるRPG
プレイアブルキャラは性別を男女からえらべる



未プレイです。

子鬼でかわいいSDキャラ

剣と魔法のファンタジーが基盤。しかし舞台は砂漠のど真ん中なので、フィールド、建築、装束、人々やモンスターはアラビアンな雰囲気が強い。また聖剣伝説シリーズの開発者が関わっているので、その聖剣伝説の気配も感じ取れる。

主人公のデフォルト名は〈トト〉。名前、性別、そして肌色と目が変更できる。肌色は白や褐色のほか、赤や緑など風変わりなものも。

主人公は人間にあらずタネビトという種族。だから奇抜な肌色もあるのだろう。角が生えているように見えるけど、設定によるとタネ(種)らしい。2頭身で描かれているので、なんだか子鬼って感じで、愛らしい。

ゲーム内では、オアシス(街)を発展させていく。発展のさせかたはそれほど自由度はない感じ。戦闘では、主人公が扱う武器の種類、つれていく仲間を変える、などでロールプレイができる。

アクション寄りのRPGなので戦闘も斬ったり避けたりアクション重視。自分でキャラを自在に動かせるのはなりきり感も高まる。ダンジョンでのみ、仲間に切り替えて仲間を操作できる。好みのキャラがいたらそれが動かせる、やったね。

とはいえメインは主人公。デザインはかわいく、人外感もほどよく。
かわいい。



今のところ3DS版が発売している。

バイバイ!

2017/07/14

【ヒロイン探316】慶応遊撃隊

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その316〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
慶応遊撃隊(けいおうゆうげきたい)

[プレイできる環境]
メガCD

[どういう感じ?]
ピクセルアート、横スクロールSTG
主人公がヒロイン



未プレイです。

ロリバニーガール

架空の和風、江戸のまま架空の年号を迎えた日本が舞台。大量のカラクリ兵器と、妖怪っぽいやつらが、エセ和風に拍車をかける。ノリもかるくって、ギャグとナンセンスだけで進みつづける。

ヒロインの名は蘭未。金髪の幼いバニーガール。90年代のキャラということで、時代相応のキャラデザ。今の目線でみてもかわいい。ゲーム中では竜に乗ってSTGしていく。

なんで江戸なのにバニーガールなの?
なんでバニーガールが竜に乗っているの?

くらくらする組み合わせだ。けれど、こういうこってり感のゲームは珍しくない。パロディウスみたいに。和風パロディウスと思えばしっくりくる。そういう目線でみると、かなり貴重なゲームではないか?

なにより、ロリバニーガールを動かせるゲームも貴重だ。



メガドライブの拡張機であるメガCDでのみプレイできる。
今のところ移植されていない。される予定もない。プレイ環境は困難。

バイバイ!

2017/07/13

【ヒロイン探315】ゴッドウォーズ

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その315〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
ゴッドウォーズ

[プレイできる環境]
PS4、PSvita

[どういう感じ?]
ストラテジー(駒ゲー)
主人公がヒロイン



未プレイです。

古代和風娘

架空の和風、特に古代日本をイメージした和風の世界観。ぶっちゃけていえばもののけ姫うたわれるもの。土着的で超エスニックな着物、建物、そして神話の神々。新鮮で、けど根底は和風だからちょっとほっとするあの感じ。

ヒロインの名は〈カグヤ〉。赤い改造着物の娘。亀甲縛りみたいに全身に紐を巻いているのはなんだ。どちらかというと魔法少女みたいな派手なデザイン。

いくつかの場面でヒロイン不在、別キャラがメインになることがある。

ゲーム自体は駒ゲー。ヒロインを動かしつつ、さらに複数のキャラも動かしていく。ヒロインだけで居続けることはできないのだ。まっ、ヒロインが指揮をとっていると思えば問題ない。

他のキャラは、日本神話に出てくる神々や、昔話に出てくる有名キャラが混じっている。ウラシマ、イナバ、オオクニヌシ、主人公だって名前がカグヤだし……さながらスーパー日本説話大戦。そういう楽しみ方もある。

ともかく架空和風を楽しむゲーム。
架空和風の駒ゲーは少ないし、そのうえで主人公がヒロインだ、貴重。



PS4、PSvitaで発売中。

バイバイ!

2017/07/11

【ヒロイン探314】ミズ スプロージョンマン

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その314〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
Ms. Splosion Man

[プレイできる環境]
PC、スマホ、XBOX360、XBOXone

[どういう感じ?]
横スクロール、ジャンプアクション
主人公がヒロイン



未プレイです。

爆発する謎の女性

とある化学工場にておきた偶然の失敗!生まれ出てきたのは爆発するからだをもったなにものか!女性みたいな形のスプロージョンマン……ならば彼女はミズ スプロージョンマンだ!!

ヒロインは〈ミズ スプロージョンマン〉ピンク色でスライム状の奇怪な肉体に、カエルめいた顔。いっぽうで体はしなやか、アンバランスさが際立つ。凄まじいハイテンションのキンキンボイスで笑い転げ、爆発しまくる様は狂気。

見た目、性格ともに超クセのあるキャラ。まっ、カートゥーンアニメを見慣れている人ならいけるでしょ(適当)。ゲーム自体は基本に忠実なジャンプアクションで、つまりこの狂ったミズを自在に動き回らすことができる。

前作といえるゲームに〈Splosion Man〉がある。こちらの主人公は男性キャラ。男性版があるなら女性版もあって当然!ということかしら。よい心がけだ。

ちなみにSplosionはスペルミスではありません。



プレイするならPC版、XBOX360版が手ごろか。
XBOX360版は、互換機能でXBOXoneでもプレイできる。

バイバイ!

2017/07/10

【ヒロイン探313】アームズ

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その313〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
ARMS

[プレイできる環境]
ニンテンドースイッチ(NS)

[どういう感じ?]
対戦格闘ゲーム
基本プレイアブルキャラ10人、うちヒロイン4人



未プレイです。

バネ娘という新ジャンル

近未来っぽい都会を舞台に、アームズという格闘家たちが戦いぬく。ただの格闘家じゃない。腕がバネ!のびて、からんで、殴りぬく!任天堂らしいポップでキャッチーなグラフィックとデザイン、軽い雰囲気がたのしいゲーム。

ヒロインは4人。腕がバネの娘に、腕がバネ状のロボットに乗った女の子に、髪がバネの娘。かわいさありつつ、一味ちがう特別感も感じられつつ。人外的デザインながらも受けいれやすい。

4人は性能が異なり、右左腕のアームをえらび変えていく。アームの種類と組み合わせで戦い方が変わる。それで同キャラ対戦でもすこしの違いを演じてみせたり。ロールプレイが多少はできるのかな。

バネ娘という目新しさ、任天堂ブランドという安定感。
そこらへんが肝。



今のところNSで発売中。発売したばかりで、アップデートも行われている。新キャラも追加されていくようなので、ひょっとすると新しいヒロインがふえるかもね。

バイバイ!