2017/12/16

【ヒロイン探375】紅忍(レッドニンジャ)

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その375〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
紅忍 血河の舞

[プレイできる環境]
PS2

[どういう感じ?]
ステルスアクション
主人公がヒロイン



未プレイです。

典型的なセクシー忍者

戦国時代を舞台にした和風。潜入と暗殺を得意とする忍者たちによるステルルバトル。魔法じみた忍術もあるよ。このなんちゃって和風の安心感!!

ヒロインの名は〈紅(くれない)〉黒いショートヘアのくの一。くの一だそうだけど、服装はぴっちり真っ赤なミニスカ着物。最近じゃむしろめったに見かけない露骨なセクシー路線。時代を感じる。

設定も幼いし、声もかなり幼めな雰囲気。

ゲーム内容はずばりステルスアクション、天誅よりかは和風MGSと呼んだほうがいい。動きの自由度が高いのでアクションやや強め。けど雰囲気はやっぱ和風MGSって感じ。

忍者ゲーはそれなりにあるけど、ステルス要素があるものは限られてくる。さらにその中で主人公がヒロインとなると……この紅忍くらい。そういう貴重なゲーム。



今のところPS2版が存在する。移植、リメイクなどはなし。

バイバイ!

2017/12/13

【ヒロイン探374】Rock Boshers

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その374〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
Rock Boshers DX: Directors Cut

[プレイできる環境]
PC(Steam)

[どういう感じ?]
2D、見下ろし視点、STG
主人公がヒロイン



未プレイです。

若き女王火星に立つ

19世紀イギリスはとんでも近代化でスチームパンク的レトロフューチャー的に進化して、月世界旅行どころか火星旅行までできるようになりましたとさ。本格的8-bitテイストのシンプルかつ濃いドット絵で、SF大活劇が幕を開ける!!

ヒロインの名前は〈ヴィクトリア女王〉まさに史実のヴィクトリア女王、その若きとき。といっても女王らしさは金の長髪以外になく、顔半分を赤いバンダナで覆い、古風なスーツに身をつつんだ流浪感がカッコいい。

ゲームで動かすのは一頭身くらいにデフォルメされた姿で、さながらレミングス。それでもイベントシーンや、UIに表示されたアイコンで、彼女のうるわしい顔を拝むことができる。これだけでもヒロインに見えてくる不思議。

ところでこのゲーム、グラフィックを8-bitゲーム機スタイルと8-bitPCスタイルから選ぶことができる。平たく言えばFCスタイルとコモドール64スタイル。FCスタイルではカラフルに、コモドール64スタイルではサイケデリックに。

FCスタイルの場合、レミングスなヴィクトリアにも、体に色がついて見分けがつきやすくなる。よりヒロインなりきり感を求めるならFCスタイルになるだろうか。

ともかく、世界観とヒロインの設定が面白い。



今のところ日本ではSteam版がプレイ可能。公式な日本語対応はなし。
海外のみPS4ハードでも配信されている。

バイバイ!

2017/12/09

【ヒロイン探373】タワー57

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その373〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
Tower 57

[プレイできる環境]
PC

[どういう感じ?]
ピクセル、見下ろし視点、STG
プレイアブルキャラ6人、うち3人がヒロイン



未プレイです。

女史に警官に女スパイに

ビルや鉄道、車に銃が世間を席巻しはじめた。そんな近代風でアメリカンな舞台。こだわりSFディーゼルパンクをプラスすれば、ゴテゴテワチャワチャなシネマティック世界のできあがり。アーケード風の重厚ピクセルが妖しく暑苦しい。

プレイアブルキャラ6人のうちのヒロイン3人は〈科学者〉〈警官〉〈スパイ〉しっとり美人の科学者に、ヤバげな金髪警官に、あどけなさ残る若い女スパイ。そして全員が銃を振り回す。

ゲームでは3キャラを必ず選ばなければならない。とはいえゲーム中では操作キャラの変更を特定の場所でしか行うことができない。やろうと思えば、最初にえらんだキャラだけで進み続けることもできる。

見下ろし型STGで、雰囲気はアーケードを彷彿とさせる。ショックトルーパーズデッドコネクション。特に舞台設定を考えるとデッドコネクションが近い。それがパワーアップして登場したような印象。渋い。

ディーゼルパンク(化石燃料系のSF)の妖しく懐古的な雰囲気に包まれて、女史やら女スパイやらいかにもな設定のキャラを動かす。刺さる人には刺さる内容。



今のところPC版がSteamなどで配信中。またPS4版、XBOXone版が開発中。
日本語版が来るかは未定。

バイバイ!

2017/12/07

【ヒロイン探372】妖談寺

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その372〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
妖談寺(Yodanji)

[プレイできる環境]
ニンテンドースイッチ、スマホ

[どういう感じ?]
ピクセル、ローグライクRPG(不思議のダンジョン)
プレイアブルキャラ21人、ヒロインあり



未プレイです。

雪女や女郎グモになりたい人へ

和風ローグライク……としか言いようがない。暗くて狭いなぞの洞窟には、妖怪があっちこっちに潜んでいる。自分もいっこの妖怪になって、他の妖怪にもめげず、ひたすら奥へ奥へ。シンプルなドットでこざっぱりした雰囲気。

プレイアブル妖怪は、スイッチ版だと21体。スマホ版だと20体だけど、アップデートで増えているかもしれない。ともかくそのくらいの数。

ヒロイン自体は少ない。みるからに女性って妖怪は雪女や女郎クモなど。ただ妖怪は性別不肖だし、好きな妖怪をヒロインに見立てることもできる。「この天狗は女の子だ!」「九尾の狐は女の子なんだ!」という風に。

イメージイラストではどの妖怪もかなりかわいらしく描かれている。ゲーム内のグラフィックはシンプルなドットで、造形がかなり省略されているけどかわいらしさは残っている。妖怪になりきるのに違和感はない。



今のところスイッチ版、スマホ版が配信中。スマホ版はiOS、Androido両対応。
スマホで検索するときは〈Yodanji〉と入力しよう。

バイバイ!

2017/12/04

【ヒロイン探371】Oni(オニ)

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その371〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
Oni(オニ)

[プレイできる環境]
PC、PS2

[どういう感じ?]
アクションアドベンチャー
主人公がヒロイン



未プレイです。

攻殻っぽい世界、攻殻っぽいヒロイン

近未来を舞台にしたSF。発達した科学技術と、それに重なる犯罪の増長。対抗するために組織された特殊部隊……ようするに攻殻機動隊ってことだよ!!3D成長期のローポリが安っぽくも愛らしい。

ヒロインの名は〈コノコ〉妙に逆立った短髪の、ぴっちりパワードスーツ美人。やや古いキャラデザもあわせて、元ネタであろう攻殻の素子によく似ている。髪型はどちらかというと荒巻課長を思い出すけれど。

パワードスーツは装甲の付き方のせいで逆三角形っぽいシルエット。イメージイラストではシュっとしてカッコいい。ゲーム内では逆三角形っぽさが強調されて男に見えてくる。歩き方も性別を感じさせないドシドシ感だし、余計にね。

とはいえアクションが豊富でよい。殴り合いに、とび蹴りに、起き上がりながらの蹴り、走りながらの足をひっかけるネックブリーカーに、投げ技もある。ツボを突いた格闘が豊富。この華麗さは、たしかに戦うヒロインといった感じ。

コノコ。素子亜種というキャラではあるけど、亜種は亜種なりに雰囲気やアクションをうまくトレースしてみせている。良いキャラだ。




今のところPC版、PS2版が存在する。
PC版のみ公式に日本語訳されている。PS2版は日本未発売。

バイバイ!

2017/11/30

【ヒロイン探370】スチームワールドディグ2

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その370〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
SteamWorld Dig 2

[プレイできる環境]
PC(Steam)、ニンテンドースイッチ

[どういう感じ?]
2D、アクションRPG、メトロイドヴァニア
主人公がヒロイン



未プレイです。

ボーイッシュすぎるドロシー

西部劇とSF、サイバーパンクが混ざったようなノスタルジックてんこ盛り世界。そして舞台は荒野、洞窟、インディージョーンズめいた冒険と探索がはじまる。鮮やかな2Dグラフィックがテンションを高める。

ヒロインの名は〈ドロシー〉水色と茶色のパーツが鮮やかに組み合わさったロボット。体があまりにシュッとして、飛行帽をかぶっているせいで、男の子に見える。良くも悪くも凛々しさに満ち満ちている。

前作〈スチームワールドディグ〉にも登場しているので、前作を知っている人ならばドロシーが女性型ロボットだと見抜いただろう。前作よりもボーイッシュさが増しているけれど。

ゲーム自体は、テラリアみたいな穴掘りをしつつダンジョンを進んで攻略アンドパワーアップのメトロイドヴァニア。ドロシーになりきって、成長する喜びに浸ることができる。

ボーイッシュな女性ロボットという超ニッチ。だからこそ狙い目。




今のところSteam版とスイッチ版が配信中。
公式に日本語対応しているのはスイッチ版のみ。

バイバイ!

2017/11/28

【ヒロイン探369】ジオストーム

〈ヒロインが動かせるゲームを探せ!その369〉
→ これはどういう企画なの?

[ゲームタイトル]
ジオストーム(ガンフォース2)

[プレイできる環境]
アーケード

[どういう感じ?]
2D、アクションSTG
プレイアブルキャラ2人、うち1人がヒロイン



未プレイです。

さながら女ランボー

なんちゃってミリタリになんちゃってSFが混ざって、ゴテゴテカチャカチャ機械だらけがたまらない。メタルスラッグの前身、ドットや効果音がふんわりその後の名作を感じさせる。そういう暑苦しさがある。

2P側でプレイするとヒロインを動かすことができる。ピンクのポニーテールにピンクの装甲服を身に着けた、いかにも2Pのヒロインキャラですって見た目。

けれど戦う姿は本物だ。マシンガンを両手に二丁ぶらさげて、四方八方に撃ちまくる。さらには装甲車を乗り回したり、バイクをウィリーさせたり、やりたい放題壊し放題。戦争するのに性別は関係ない。

グラフィックでは頭身高めかと肩幅などごっつめ。イメージイラストでは中性的な顔立ちで凛々しい。正直、言われないとヒロインと気づかないかもしれない。けどそのくらい勇ましいほうが好き。さながら女ランボー



今のところアーケード版のみ存在する。開発元〈アイレム〉の関係で移植は絶望的。だったけど最近になり、アーケードアーカイブスで〈アイレム〉作品を取り扱うことが決まった。ジオストームがPS4やスイッチで遊べるようになるかも。

前作〈ガンフォース〉こちらは主人公が男で固定されている。

バイバイ!